クラッシュコース 第十一章 『1兆はいくら?』

この文章は、クリス・マーテンソン氏による『クラッシュコース』第十一章 『How much is a trillion』の翻訳です。 – 目次はこちら

クラッシュコースでは、頻繁に「兆(trillion)」単位の数字が表われます。それでは、「兆」とはどのくらいの数なのでしょうか?

分かりますか? 私はすぐには分かりません。

「兆」は、とても、とても大きな数字です。ですから、1兆という量を把握するための時間を取ります。

最初に、数字だけで考えてみましょう。

thousand(1千)は、1の後にゼロが3つ続きます。

million(100万)は、thousandより1000倍大きな数であり、1の後に6つのゼロが並びます。まだ私は1000と100万という数の違いを把握できます。100万ドルの預金は、1000ドルの預金とは全く違ったものです。それは理解できます。

billion(10億)は100万の1000倍の数です。1の後にゼロが9つ続きます。

そして、trillion(1兆)はその1000倍の数です。12個のゼロが並びます。

つまり、1兆は10億の1000倍の数であり、つまり100万の2乗を意味しています。分かりますか? 私はこの数字が表わしている数を理解できません。視覚的に想像できないのです。そこで、ちょっと違った例を挙げてみます。

私がみなさんに1000ドル札[1] を渡したとします。そして今晩中に友達と一緒に街中で1000ドルを使い切ってください、と言ったとします。きっと楽しい夜を過ごせることでしょう。

さて、次に4インチ[2] の高さにもなる1000ドル札の山を手に入れたとします。それがどれくらいの金額か分かりますか? おめでとうございます。みなさんはミリオネア (百万長者) です。

さらに、裕福な超エリートの仲間入りをするために、10億ドルの資産を手に入れたいとします。1000ドル紙幣を使って10億ドルを積み上げたとしたら、どれだけの高さになるか分かりますか?

答えは、358フィート[3] の高さになります。ペトロナスタワーの約3分の1の高さになります。

そして、もし1000ドル札で1兆ドルを積み上げたとしたら? 一体どれだけの高度になるでしょうか? ちょっと答えを考えてみてください。

答えは、67.9マイル[4] です。

この高さは1000ドル紙幣を積み上げたものです。紙幣を横にして並べるとか、そういったごまかしではありません。1兆ドルの1000ドル札を一枚一枚重ねると、67.9マイルの高さになります。これが1兆ドルです。

この例でもまだ理解し辛いでしょうか?

オーケイ。それでは、自動車に乗って道路を走っているとします。そして、側道に1000ドル札の札束が並べられていると想像してください。綺麗でコンパクトな長方形の1000ドル札の柱が運転中の道に沿って並んでいるとします。

1時間程度の間、停車せずにずーーっと車を走らせ続けている間、1000ドルの札束が横に常に並び続けます。側道の最初から終わりまでです。

別の言葉で言います。過去4.5ヶ月の間に、アメリカ国内の経済システム内で創り出されたお金の全てを、もし全てを1000ドル札で印刷して道路の脇に並べたとすると、マサチューセッツ州のスプリングフィールドから、ニューヨーク州のオールバニーまで到達します[5]

分かりますか? 道路に並べて横を走るか、縦に積み上げるか、あるいは他のイメージしやすい方法で理解してもらってもかまいません。

それでも、覚えておいてください。兆はとても、とても大きな数字なのです。そして、単に直感的に理解するには大きすぎる数字であるからといって、考えることを止めないでください。兆の大きさを理解した上で行動を起こさなければなりません。

兆という数の大きさを記憶に留めた上で、アメリカ合衆国の累積負債と債務について考えます。次の講義では、何十兆ドルという数字が大量に出てきます。



脚注

  1. 現在アメリカで一般に流通しているのは100ドル札までですが、かつては記念紙幣や金融機関の間での決済のために500、1000、5000、1万と10万ドルの高額紙幣が発行されていたことがあります []
  2. 訳注: 約10cm []
  3. 訳注: およそ109メートル []
  4. 訳注: およそ109km []
  5. 訳注: 日本で例えるなら、東京都心から富士山頂までの直線距離がおよそ100km []